スポンサード リンク

◆保温機能

 ドリップ先がガラスではなく魔法瓶になっていて保温・保冷が可能な機能。
 魔法瓶タイプのものはドリップ後1時間後にも80℃をキープし、約8時間位までは暖かいまま飲むことができますのでとっても重宝します。
 ガラスサーバーのように追加で熱を加えないため煮詰まることも無く、香りも逃げない上に電気代もかからず保温ができます。いたれり尽くせりです。

◆水出し抽出機能

 通常のホットコーヒーだけでなく、カフェなどで人気の水出しコーヒーが抽出可能な機能。
抽出スピード調整機能があると、お好みの濃さに調整できるのでなおGOODです。
 水出しコーヒーは、水で長時間低温抽出することにより、熱湯で抽出したときよりもタンニンの成分が発生が少ない為、苦味・酸味・雑味が少なくスッキリとした味を楽しめます。
 さらに熱湯で抽出したときよりも劣化しにくいので冷蔵庫に保冷し2〜3日保存することもできます。

◆オートOFF機能

 オートOFF機能は、ドリップスイッチを入れてドリップが終了したら勝手に電源が落ちるというもの、保温ポットタイプの場合ドリップ後電源をつけておく必要が無いのでこの機能は必須です。
 大体のコーヒーメーカーには標準で付いていると思いますが、稀に付いていないものがあるので買うときはよくチェックしてください。

◆価格帯

 価格的には5000円〜15000円程度。
この値段が、ある程度舌を満たしてくれる希望のコーヒーが造れて、ご家庭で手ごろに手に入れられる金額です。20000円〜30000円ともなってくると業務用に近いものが買えてきます。

コーヒーメーカー

スポンサード リンク

人気コーヒーメーカーには、真空ポットサーバーの保温機能、水出し抽出機能など共通してある一定以上の機能が付いています。コーヒーメーカーにどんな機能があるかをここでは紹介しています。

◆人気コーヒーメーカーの条件

 気があり売れているコーヒーメーカーには真空ポットサーバーの保温機能、水出し抽出機能など共通してある一定以上の機能が付いています。新しくコーヒーメーカーを購入するときにの参考にしてください。